スポンサーリンク
コンサルの仕事

人前で話すのが苦手だった人のプレゼン克服術

なんちゃってコンサルやっていると、プレゼンから逃れられないシーンが増えてきます。もともと人前で話をすることが苦手だった私も、逃れられず苦悩した日々がありますが、今は肩の力を抜いてプレゼンが出来るようになりました。そこに至るまでの経験は多いですが、本質的に必要な事は限られています。その内容をご紹介
転職ワザ

なぜ悩む??日々転職を視野に入れるコンサルタントたちの日常

コンサルタントを3年位過ごすと、そろそろ転職し時ではないかと考えるようになります。その理由は様々ですが、やりたいことがあるけど、今の職場で出来ないという理由以外の転職理由で活動を始めると多くの場合、転職未遂に終わるか、転職先で公開する気がします。では、どんな思考で転職すべきかの判断をすればよいのでしょうか。
コンサルの仕事

マネージャーがセールス重視しすぎると転職者が量産される仕組み

コンサルティングの流れとコンサルタントの職位ごとの役割を超ざっくりと比も解くと、コンサルティング(プロジェクト)の成否はマネージャにかかっているということが分かります。それをおろそかにすると組織が成り立たず転職希望者が量産されるという図式が成り立ちます。
転職ワザ

転職エージェントとの付き合い方~市場価値を把握せよ~

転職すべきか留まるべきか、判断基準は市場価値。正確に測るために転職エージェントの活用をおすすめします。なんちゃってコンサル20年生の私も、エージェントと長く付き合い結果転職はしていませんでしたが、非常にためになる社会人人生のパートナーとなっています。
コンサルの仕事

準備が超重要!!プレゼンの苦手なコンサルタントが心掛けること

プレゼンテーションを首尾良く進めるための重要な事前準備と振り返りについて語ってます。なんちゃってコンサルでもプレゼンテーションを避けて20年過ごすことは難しく、最低限のプレゼンをするだけの経験はしているので、コンサル初心者向けに最低限押さえるべきポイントを紹介しています。
コンサルの仕事

偉そーに「時間は作るもの」というコンサル上司の時間の作り方

忙しいコンサルタントの口癖は「時間は自分で作るもの」です。時間を自分で作るってどういうことなのか?この言葉だけが先輩コンサルから継承されてきますが、多くのコンサルタントはその作り方をしりません。最近では効率化ってのがクローズアップされていますが、基本的にはそれに尽きると思います。なんちゃってコンサルの私が本物のコンサルに教わった時間の作り方をちょびっとご紹介します。
コンサルの仕事

「働き方改革」でどうなる?マネージャの負荷が上がるコンサル事情

働き方改革が社会に浸透してきていますが、分かりやすいルールは残業規制ですね。コンサルファームの社員は残業上等でがっつり残業して仕事をしているので、残業規制は成長速度を鈍化させる悩ましい規制かもしれません。それでも、決められた時間で、効率的に仕事をする能力を身に纏うこともコンサルに求められる能力ではないでしょうか。なんちゃってコンサルもその辺だけは得意としています。
コンサルの仕事

違いは何??コンサル会社が打ち出すオフショア化とRPA化

オフショア化って何でしょうか。開発案件などの開発部隊を日本人で構成するのではなく、中国やインド、フィリピンなどの国に開発拠点を構築してそこで作業を行うことで人件費のコストを下げるという対策をオフショア化と言います。しかし最近では定型作業をオフショアではなくロボットによる自動化というのが頭角を現してきました。
コンサルの仕事

下っ端コンサルの悩み!!議事録ってかなり面倒だけど意味あるの?

会議の多いコンサルの仕事ですが、意味のない会議もたくさんあります。そして、議事録を書かされるスタッフは仕事のやる気をどんどん削がれていきます。今回は、議事録の必要性を語ってみました。不要ではないけどヤリすぎ厳禁!必要な事だけシンプルに書くのが生き抜く秘訣です。
コンサルの仕事

本当に必要??コンサルタントの英語学習の不要論

コンサルタントは英語力が必須!!外からコンサルタントを眺めるとこんな印象を受けるかもしれませんが、以外と英語が話せいない社員は多くいます。それでも、全く問題なく仕事をする事が出来ています。日系企業相手なので日本語で話すのは当たり前です。でも最近のグローバル化によって状況は少しずつ変わってきています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました