コンサルの仕事

スポンサーリンク
コンサルの仕事

上流工程からお客様のお仕事に関わりたいって志望動機について

コンサル会社に長くいると、採用の面接官を担当することがしばしばあります。そして、転職希望者のコンサル業界への転職の理由を聞くと上流工程に携わりたいって人が圧倒的に多いと感じます。でも上流工程って、何って聞くとほとんどの人がコンサルにおける上流工程とSEにおける上流工程の違いを理解していません。その違いを伝えた時の反応でコンサルタントになるための資質の有無を見ることもあります。
コンサルの仕事

マネージャの多くは丸投げ君。そこでコンサルタントがやるべきこと

コンサルタントの仕事はクライアントの悩みを聞く事。そこに答えを作るのが仕事なので、マネージャからの指示が漠然としていることが多いです。これはマネージャが忙しいからではなく、マネージャも答えを持っていないからです。そんなときに一人で何とかしようと考えて迷走するのは、炎上プロジェクトへの第一歩。そうならないようにどうアクションを取れがいいと思いますか。
コンサルの仕事

目標設定はコンサルタントの宿命??評価会議後の苦痛

コンサル会社の毎年のイベント評価会議、そこに向けての1年間の活動目標となる目標設定が大っ嫌いななんちゃってコンサルタントです。評価会議って何やるの?年間評価ってどう決まるの?を一挙公開しています。私がコンサルタント業を続けている理由と、コンサルの宿命でもある非常に苦痛な一年の始まりを赤裸々に公開です。
コンサルの仕事

さっさと上流工程を任されるコンサルタントになる方法

意気揚々と入社してきた若手のコンサルタントですが、いきなりクライアントの前に出てプレゼンする機会とか、資料の作成を依頼されることはほとんどありません。それはまだコンサルタントとしてのノウハウが分かっていないからです。まずはマネージャの元で下働きをして、マネージャの仕事っぷりを見ながらサポートして信頼を勝ち取る必要がありますね。
コンサルの仕事

人前で話すのが苦手だった人のプレゼン克服術

なんちゃってコンサルやっていると、プレゼンから逃れられないシーンが増えてきます。もともと人前で話をすることが苦手だった私も、逃れられず苦悩した日々がありますが、今は肩の力を抜いてプレゼンが出来るようになりました。そこに至るまでの経験は多いですが、本質的に必要な事は限られています。その内容をご紹介
コンサルの仕事

マネージャーがセールス重視しすぎると転職者が量産される仕組み

コンサルティングの流れとコンサルタントの職位ごとの役割を超ざっくりと比も解くと、コンサルティング(プロジェクト)の成否はマネージャにかかっているということが分かります。それをおろそかにすると組織が成り立たず転職希望者が量産されるという図式が成り立ちます。
コンサルの仕事

準備が超重要!!プレゼンの苦手なコンサルタントが心掛けること

プレゼンテーションを首尾良く進めるための重要な事前準備と振り返りについて語ってます。なんちゃってコンサルでもプレゼンテーションを避けて20年過ごすことは難しく、最低限のプレゼンをするだけの経験はしているので、コンサル初心者向けに最低限押さえるべきポイントを紹介しています。
コンサルの仕事

偉そーに「時間は作るもの」というコンサル上司の時間の作り方

忙しいコンサルタントの口癖は「時間は自分で作るもの」です。時間を自分で作るってどういうことなのか?この言葉だけが先輩コンサルから継承されてきますが、多くのコンサルタントはその作り方をしりません。最近では効率化ってのがクローズアップされていますが、基本的にはそれに尽きると思います。なんちゃってコンサルの私が本物のコンサルに教わった時間の作り方をちょびっとご紹介します。
コンサルの仕事

「働き方改革」でどうなる?マネージャの負荷が上がるコンサル事情

働き方改革が社会に浸透してきていますが、分かりやすいルールは残業規制ですね。コンサルファームの社員は残業上等でがっつり残業して仕事をしているので、残業規制は成長速度を鈍化させる悩ましい規制かもしれません。それでも、決められた時間で、効率的に仕事をする能力を身に纏うこともコンサルに求められる能力ではないでしょうか。なんちゃってコンサルもその辺だけは得意としています。
コンサルの仕事

違いは何??コンサル会社が打ち出すオフショア化とRPA化

オフショア化って何でしょうか。開発案件などの開発部隊を日本人で構成するのではなく、中国やインド、フィリピンなどの国に開発拠点を構築してそこで作業を行うことで人件費のコストを下げるという対策をオフショア化と言います。しかし最近では定型作業をオフショアではなくロボットによる自動化というのが頭角を現してきました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました