スポンサーリンク
コンサルの仕事

コンサルと言えど人を頼るべし!!一人でやろうとすると疲弊する

コンサルチックな仕事をしていると、一人では解消できない問題にいくつも立ちふさがってきます。一人でどんなに頑張っても答えが出ないものもあれば、自分で調べろって一蹴されてしまうような問題まで様々です。限られた時間で最大のパフォーマンスを出すには、考えるのと調べるのと人に聞く事のどのアクションを取るべきかを的確に判断することがなんちゃってコンサルを続ける秘訣です。
コンサルの仕事

『できます』と言うと地獄を見る若手コンサルの苦悩

ちょっとしかできないので期待しないでください。というメッセージをマネージャに伝えると、ちょっとはできるんだ、じゃあ学び方もわかるのでキャッチアップしてちゃんとできるようになってプロジェクトに貢献してね。と解釈されます。口は禍の元、言ったモン負け文化のコンサル業界です。
コンサルの仕事

しゃべりに安定感を見せると安心感を与える

ITコンサルタントって、ITに詳しいけれど、コミュニケーションはあまり得意な人いないんじゃない?って思われるクライアントは多くいます。コンサルタントってのは名ばかりでテッキーな技術屋さんなんじゃないのって思われているからです。アウトソーサーの方が日々クライアントとコミュニケーション取っているので評価が高いことも多い。いずれにしても、クライアントから信頼を得るには、安定したしゃべりが出来る事に間違いはないようです。技術力より重要な要素ですね。
コンサルの仕事

コンサルと言っても所属によってやる事はまちまち

ITコンサルタントのお仕事をチラッと話してます。コンサルタントと言っても様々な組織があって、クライアントの要望によって呼ばれる部隊は異なります。上流工程に関わるところは戦略やビジネスコンサルタントが登場するのが常でしたが、最近はITコンサルタントも巻き込まれるケースが増えています。そして、コンサルタントとは異なると言われていますが、クライアント特化型のスペシャルコンサルタントとしてアウトソーシング部隊も重要なポジションを占めています。
コンサルの仕事

保守運用アウトソーシングはクライアントをどれだけ好きになれるかが重要

何かを作って、それが本番稼働すると、安定稼働するまでは保守...
コンサルの仕事

ITコンサルよりも保守運用部隊の方がIT力は高い

ITコンサルタントとして保守運用業務に携わる機会がありました。ITアウトソーシングと呼ばれている仕事で、お客さんのIT部門の業務を弊社コンサルタントの部隊がお客さんに変わってお守りをするという仕事です。お客さんの使っているシステムや業務への理解が深まりながら、最新のIT知識を身につけてお客さんに提案するというかなり幅の広い知識が必要となる職業です。
コンサルの仕事

やりたいことだけやる!!なんちゃってコンサルの生き様

コンサルタント20年目を迎えて思う事を書いています。コンサルタントと言うと、ブラックな職業と思われがちですが、それほどブラックでもない。というか、各人がどんな意識で仕事をしているかではないかって思います。のんびりではないけれど、マイペースに過ごした自称なんちゃってコンサルの20年間を振り返ります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました