転職を成功に導くエージェントの選び方!!

転職ワザ

満足のいく転職を実現したいのであれば、転職エージェントの活用は不可欠です。でも、転職エージェントは沢山ありますよね。自分にぴったりのエージェントの選び方がわからないという方は多い思います。また、担当アドバイザーとの相性が悪い時にどうすれば良いかわからないって悩みもありますよね。

今回は、転職エージェントの具体的な選び方や、質の高いアドバイザーを見分ける方法を解説します。転職エージェント選び方が分かれば、信頼できるアドバイザーに出会える確率は高まります。優秀なアドバイザーと満足のいく転職活動を行いましょう。

転職エージェント選びのポイント

転職を成功させるためには、複数の転職エージェントに登録する必要があります。その中で、自分に合ったエージェントを見極めることが転職を成功させる近道です。その為には、まずエージェントの種類を認識することが必要です。

把握しておきたい転職エージェントの種類

転職エージェントには大きく2つの種類があります。それぞれに特徴がありますので、両方のエージェントに登録することで、満足の行く転職につなげることができます。

幅広く業界をカバーする総合型転職エージェント

業界問わず幅広い求人を保有しているのは「総合型転職エージェント」です。多くの業界、職種の求人を保有しています。そして、各業界の基礎知識を保有しています。総合型転職エージェントは、ほぼ大手エージェントになります。

保有している求人数が多いため、アドバイザーと営業が業務分担しているエージェントが多いのが特徴です。また、あなたの希望を踏まえて、業界を横断的に俯瞰して最適な提案をすることもあります。

総合型転職エージェントの特徴
  • 多くの業界と職種をカバーしている
  • 求人の絶対数が多い
  • 業界横断的に求人を探してくれる

業界に特化した特化型転職エージェント

ある業界に特化してコアな情報を保有しているのが、「特化型転職エージェント」です。業界固有の対策などのアドバイスももらえます。また、その業界の人事部とのパイプが太いことが多く、より鮮度の高い求人を提案してもらえることもあります。業界に精通しているのでより条件に合った企業の提案をもらえる可能性が高いです。

中・小規模のエージェントに多い傾向がありましたが、最近は大手エージェントでも組織で分けて専門性を高める取り組みをしているエージェントも増えています。

特化型転職エージェントの特徴
  • 業界出身のアドバイザーが多く、コアな情報が得られる
  • 非公開求人を提案してくれることがある
  • 条件に合った企業を提案してくれる可能性が高い

転職エージェントのサポート範囲

一般的に転職エージェントがサポートしてくれるのは次の業務です。

サービス内容概要
キャリアコンサルティング担当のキャリアアドバイザーによるコンサルティングサービスです。
あなたのこれまでのキャリアや転職希望などから将来に向けたキャリアプランの相談などを行います。
求人の提案キャリアコンサルティングの結果、あなたに合った企業を提案してくれます。
履歴書・職務経歴書のレビュー企業に提出する書類の事前のチェックを行います。
避けるべき表現のチェックや、書類選考に通りやすい表現の提案を行います。
面接対策企業との面接に向けたシミュレーションをしてくれます。一般的な質疑応答やその企業固有の情報を踏まえた質問などの想定問答をしながら面接の準備を行います。
企業との交渉晴れて内定をもらった後は、給与の交渉や入社時期の調整などが行われます。その交渉をあなたに代わって企業側と実施してくれます。

上記をやらないエージェントは論外ですが、そんなエージェントはないと思います。上記以外のサービスを提供しているエージェントもあります。詳細はエージェントに登録した時に確認できます。

登録直後のキャリアコンサルティングが、転職活動の成否を分ける重要なサービスです。

雉遠
雉遠

ここであなたとアドバイザーの認識にずれがあると、転職後に思っていた職場と違うということになりかねません。

提案可能な求人数

提案可能な求人数は、あなたの選択肢の幅を広げてくれます。総合型転職エージェントほど多くの求人企業を保有しています。あなたが想定している業界以外の求人も確認すれば新たな選択肢が広がるでしょう。

一方で、特化型転職エージェントでは、特定業界の非公開の求人を持っていることがあります。魅力的な求人ほど公開前に内定者が決まることがありますので、お得な求人に出会えます。

雉遠
雉遠

求人数が多くてもあなたの条件に合う企業が見つからない可能性があります。また、そのエージェントからしか応募できない独占案件を持っているエージェントもあります。いずれも、エージェントと相談しながら自分に合った企業を探す必要はあります。

エージェントの選び方

エージェントを選ぶ目的は、良い転職活動をすることです。良い転職活動をするには、相性の良いキャリアアドバイザーに出会う事です。

また、多くの求人情報を入手する事で、あなたの転職先の選択肢が広がります。すると、希望に合う企業に出会う確率が高くなります。ここからは、転職を成功に導くエージェントの選び方を解説します。

総合型転職エージェントを選ぶ

まずは、総合型転職エージェントを選びます。多ければよいというものではありません。2~3社ほど登録しておけばよいと思います。総合型転職エージェントは年代別に見て自分の年齢に合ったエージェント登録しましょう。

対象世代エージェント名特徴
全年代対応リクルートエージェント求人数&転職実績No.1豊富な経験を活かしたサポートあり
全年代対応パソナキャリアハイクラスの転職
全年代対応Type
20代安定のお仕事フリーター・第二新卒・非大卒歓迎
20代UZUZフリータ・第二新卒も対応
20代ジェイックフリータ・第二新卒も対応
20代マイナビエージェント初めての転職にもおすすめ
20代ハタラクティブ内定率は驚異の80%以上
入社の準備もサポート
30代以上エンワールド外資系・グローバル企業向け
30代以上doda質の高い面接対策を実施転職サイトとしても利用可能
30代以上クライスアンドカンパニーハイクラスの転職
30代以上ビズリーチハイクラスの転職
30代以上JAC-リクルートメントハイクラスの転職

特化型転職エージェントを選ぶ

続いて特化型転職エージェントです。こちらは、エージェントによって特徴が異なることもあるので、自分の希望する業種を扱うエージェント全て登録していいと思います。と言っても、エージェントの数が少ないので、2~3社ほどになるのではないかと思います。

業界エージェント名特徴
IT業界東京キャリアセンター未経験者のIT業界への就職をサポート。未経験者でも最速1ヵ月で内定をもらえる。
IT業界ワークポートIT・クリエイティブ業界の求人が豊富未経験からの異業種支援も実施している
IT業界レバテックキャリア質の高いIT系求人が豊富ITに関連するキャリアアップ向け求人も豊富
IT業界マイナビIT AGENT圧倒的な情報量で、あなたにぴったりの求人に出会える確率が高い
コンサルアクシスコンサルティングアクセンチュア・BIG4への転職に圧倒的に強い
コンサル/金融アンテロープハイクラスの業界・職種への転職に最適
金融マイナビ金融エージェント金融業界に精通したエージェントが多数在籍
アパレル・ファッションiDAブランド、アパレル・コスメ業界に特化した転職サービス
常時11,000件以上の求人

アドバイザーは選べない!!

転職エージェントに登録すると、割り当てられたアドバイザーからメールか電話で連絡が来ます。そこでようやく転職活動の開始となります。

でも、連絡してきたアドバイザーは全面的に信用してもよい人なのでしょうか。後々にアドバイザーとの信頼関係が崩れないためにも、最初にアドバイザーとの綿密な打ち合わせが必要です。

転職の成功のカギは、優秀なアドバイザーとの出会いにある!

転職活動で重要なのは、転職エージェント選びです。しかし、あなたと一緒に転職活動を支えてくれるのは、キャリアアドバイザーです。転職を成功させるカギは、そのアドバイザーの良し悪しにかかっています。

優秀なキャリアアドバイザーの定義
  • 適切なタイミングで連絡してあなたを不安にさせない
  • 業界・職種に精通していて、転職後のイメージを持っている
  • あなたの転職希望を整理してくれる
  • 適切なアドバイスができる

要するにあなたの事情を理解して、安心して転職活動のサポートを任せられるアドバイザーという事です。

優秀なアドバイザーを見極める方法について、解説します。

優秀なキャリアアドバイザーの見極め方

あなたの転職活動を支えてくれる優秀なアドバイザーとは、どんな人なのでしょうか。どのように何を支えてくれるのでしょうか。究極的には、あなたのことを全て理解してくれる人ですが、そこまで求めることはできません。ここでは、最低限サポートして欲しいポイントを解説します。

面談に時間をかけてくれる

優秀なキャリアアドバイザーほど、じっくりと時間をかけて面談します。条件に合う企業を素早く提案する為にあなたの希望を理解しようとします。特に初回面談はできるだけ多くの情報を聞き出そうと多くの質問をしてきます。

雉遠
雉遠

なぜ転職したいのか?それはどうしてか?など「なぜなぜ」質問が多くなると思います。答えられないからと言ってダメというわけではありません。

あなたが自分の状況を整理できているかを確認しているんです。わからなければそう伝えれば、エージェントは一緒に状況整理に付き合ってくれますよ。

また、初回の面談だけではなく定期的にコミュニケーションの機会を設けることで、あなたがが気付いていないキャリアを提案してくれる可能性もあります。

雉遠
雉遠

アドバイザーの専門領域内での提案になるので、数人のアドバイザーと話することで、より自分のキャリア設計が明確になる事もあります。

適切なタイミングで連絡がくる

エージェントは転職活動のサポートが本業です。でも、あなたの転職活動は本業ではありません。本業は別にあります。忙しければ連絡できないこともあります

だから、アドバイザーとの連絡は、就業時間以降になる事もあります。あなたからアドバイザーにこまめに連絡を取るのは重要です。でも、あなたの事情を理解して、あなたの都合に合わせてくれるエージェントを選びましょう。また、連絡が欲しいタイミングを明確に指定してくれるエージェントもストレスなくお付き合いができるポイントです。

雉遠
雉遠

連絡すると言っていた時間に連絡が取れないエージェントは論外です。そんな社会人として未熟な人に自分の転職活動は任せられませんよね。

希望に合った企業を提案してくれる

あなたの望んでいる業界・業種、年収などに合致している企業を提案してくれるアドバイザーとお付き合いしましょう。

それを見極めるためには、最初の打ち合わせであなたの希望を正しく伝えられている必要があります。でも、あなたがまだ転職先の企業に対して漠然としたイメージしかない可能性はあります。そのような状況でも、ヒアリングして具体的なイメージに整理してくれるアドバイザーを選択しましょう。

雉遠
雉遠

転職希望条件が曖昧だとアドバイザーは応募先を絞り込めません。

条件が具体的なら、絞り込みの精度が上がります。そして、より精度の高いマッチングができるので、転職成功確率も上がります。だから、希望条件の詳細確認は、アドバイザーにとってもメリットは大きいのです。

希望する業界の人事担当者とのパイプがある

アドバイザーには、大企業の人事部や採用権のある部長と太いパイプを持ったアドバイザーがいます。元々、そこの企業の社員だった人や、その企業に多くの優良人材を転職させているアドバイザーです。

自分の希望する業界などが明確になってきたら、その業界にパイプを持っているエージェントか確認しましょう。職種を変えて転職する場合も、その業界や職種に詳しいアドバイザーから、転職後の具体的な仕事内容・社風・メリットデメリットなどを提供してもらえます。また、まだ未公開の募集情報などを持っているケースもあるので、アドバイザーのバックグラウンドを確認することは重要です。

雉遠
雉遠

業界関係者とのつながりが少ないアドバイザーは会社自体がそういったネットワーキングを行っていないか、アドバイザーの実績が少ないかです。

業界に詳しい別のアドバイザーを紹介してもらって、あなたに有利な転職活動を進めていきましょう。

転職における適切なアドバイスをくれる

今の転職市場の傾向から、あなたの転職条件に合致する企業がない可能性もあります。そんな時に、今の状況を客観的に説明して、転職成功までのプランを考えてくれるアドバイザーと付き合いましょう。

場合によっては、該当企業がないため、条件を緩和する提案をする人もいます。また、急いで転職せず、今の職場で経験を積むことを提案する事もあります。より好条件の企業を提案をするエージェントもいます。

短い時間であなたのこれまでのキャリアなどを理解していないとこのような提案はできません。その努力をしてくれるアドバイザーを選択しましょう。

定期的に面談をしてくれるアドバイザーはあなたの状況をより把握する努力をしてくれていると考えられます。

おすすめできないキャリアアドバイザーの特徴

続いては、こんなアドバイザーは避けるべきという特徴です。

手あたり次第応募資料を見せてくる

アドバイザーの報酬は、どれだけ転職を成立させるかにかかっています。報酬に目が行っているアドバイザーは、あなたの希望に合致しない企業を提案してきます。

まず、話を聞いてみて、受けるかどうかはそのあとで検討すれば大丈夫です

これは、転職エージェントの常套句ですが、あまりにも希望に合っていない会社への応募は時間の無駄です。あなたの条件に合致しない企業を多く紹介するアドバイザーは、信頼できません。

雉遠
雉遠

応募人員数が多い企業や、採用しやすい企業などを中心に紹介することがあります。このような企業は、あなたの能力ではなく、人手を必要としているブラック企業の可能性があります。

顔を出して面談をしない

昨今の面談は、Zoomなどを使用したオンラインが主流になっています。そのオンライン面談で顔を見せないアドバイザーは避けましょう。特に初回の面談は、転職理由や希望業種・職種など経歴の詳細を確認する重要な機会です。

相手の顔を見て話をする時と、声だけの時では印象派大きく変わります。良かれと思って発言した内容が音声だけだとネガティブに捉えられることがあります。転職活動は、人生を大きく左右するイベントなので、顔を見せないアドバイザーだと、信頼して相談ができなくなります

雉遠
雉遠

顔を出さないエージェントは、自分の実績や能力に自信のないエージェントが多いです。

自分に自信のないエージェントにあなたの転職の運命を任せられませんよね

転職を成功させるために私たちがやるべき事

転職活動は、転職エージェントやアドバイザーの力が不可欠です。しかし、転職を成功させるためには、転職を考えている我々も準備すべきことがあります

正確かつ詳細な経歴を伝える

あなたの経歴や保有資格などは、正確に伝える必要があります。また、容易に伝えることができると思います。一方で、プログラミングの熟練度といったような曖昧な情報を正確に伝えるのは困難です。そして、日本人の多くは、自分の能力を過小評価して、控えめに表現します。

しかし、その結果、自分の希望に合った企業が見つからないのは非常にもったいないと思いませんか。熟練度など数値化が難しい指標は、アドバイザーと相談しながら整理してください。自分のキャリアを振り返り、正確かつ詳細にアドバイザーに伝えれば、転職に有利なアピール方法を提案してくれます

雉遠
雉遠

自己評価は控えめだけど、企業側には過大に評価してもらいたい。そして、年収アップの転職を実現したいというのは都合が良すぎです。非常に難解な要求です。

転職を成功に導きたいなら、自分のキャリアと将来転職した後の可能性を正しく伝える必要がありますよね。

合わない担当者はすぐに変更する

信頼できるアドバイザーと出会い、信頼関係が築ければよいのですが、相性が合わないアドバイザーが担当することもあります。

また、アドバイザーとのコミュニケーションが増えると、「ちょっと頼りないな」とか「こっちの希望を理解してくれていないな」や「対応が遅いな」といった不満が見えてくるかもしれません。

そんな時は、直ぐにアドバイザーにその旨を伝えて、担当者の変更を依頼してください。アドバイザーに直接伝えることに気が引けるのであれば、エージェントに連絡できます。

雉遠
雉遠

アドバイザーは多くの転職希望者を抱えています。その中に相性の合わない人がいることも理解しています。だから、あなた一人が担当を変更しても気にしません。

希望はしっかり伝えること

転職の希望条件は、まず初めの面談の時に正確に伝えましょう。アドバイザーもその情報をもとにマッチングをかけます。ただ、エージェントとコミュニケーション機会が増えると、転職をリアルに考えるようになります。その結果、転職条件が更新されることもあります。

最初に伝えた条件から変わってしまったらアドバイザーの人に申し訳ないな

そんな気持ちになって、条件の変更を伝えることを躊躇する人もいます。でも、これはお互いにとって不幸しか生みません。あなたが自分の転職を成功させるためにも、希望条件は常に最新の情報をアドバイザーに伝えるようにしましょう。

雉遠
雉遠

アドバイザーは最初の条件で企業を探します。でも、条件が変わっていたら、面接やオファーを受ける時の気持ちが揺らぎますよね。

断る時は、理由を伝える必要があります。そこで「実は条件が…」と伝えるくらいなら、気持ちが変わった時にすぐに連絡した方が、アドバイザー側も安心して活動ができます。

参考)転職エージェントを使うメリット

最後になりますが、転職エージェントを使うメリットについて解説します。

キャリアカウンセリングが受けられる

こちらのキャリアや転職条件が適切なのかを客観的に分析してくれます。色々な角度から伝えることで、自分が希望していた業界や職種が、実は自分の想像と異なり別の職種に適性があるかもしれないということを気付かせてくれる可能性もあります。

この先のキャリアの歩み方についても、多くの転職希望者の歩んだキャリアを紹介してくれたり、一回の転職では終わらないその先を見据えたアドバイスをくれます。

履歴書・職務経歴書の添削が受けられる

自分が思っている以上に、自分の歩んできた道には価値がある。という事は多いです。それを客観的に分析して、履歴書や職務経歴書の書き方を添削してくれます。

企業との連絡・交渉を代行してくれる

エージェントは応募先の企業との交渉をあなたに代わって実施してくれます。

・企業への応募・書類の提出
・面談の日程調整
・内定をもらった後の給与交渉
・内定を受ける、断るの連絡
・内定を受理した後の入社までに必要な手続きのサポート

特に、お断りを入れる時は、個人で断り入れずらいので、アドバイザーが代行してくれるのは助かります。

転職後のフォローも活用できる

エージェントによっては、内定して入社後も連絡をくれるアドバイザーもいます。その後の状況を確認します。職場環境や仕事の内容が入社前の想定と違うのかあっているのか、想定外に苦労していることがないかなどを確認します。

次の転職希望者へのインプットとするのが大きな目的ですが、1度転職を成功した人は2度3度と転職する人もいるので次のキャリアへのサポートという意味もあります。

一般未公開前情報が入手できる

アドバイザーによっては、企業側の人事部や採用権のある人と定期的に打ち合わせを設けています。そこでは、企業側がどのような人材を探しているかをエージェントに伝えることで、より条件にマッチした人材を紹介してもらうことが狙いです。

企業側とエージェントが密であればあるほど、そのエージェントでしか持っていない非公開の募集要件が多く集まります。その条件に合う人材を公開されるよりも早く紹介することで、企業とエージェントのパイプが太くなるので、良いエージェント、良いアドバイザーとつながることで自分の希望に合った転職を果たせる可能性は高くなります。

雉遠
雉遠

非公開のうちに数打ちゃ当たる方式で紹介するエージェントは、紹介する人材の質が悪いとみなされて、企業とのパイプが細くなっていきます。

だから、優良なエージェントは、転職希望者と人材を探している企業の両方からより詳細の情報を入手して、両方に満足のいく転職が行われるように活動しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました