転職・副業・フリーランス

「なんかいいな♪」でも試す価値はある!コンサル会社への転職

私が大学を卒業して、新卒で入社したのは、20人程度の小さなベンチャー企業でした。2年ほど開発を経験したものの、開発だけでは食っていけないと感じて、包括的スキルを身につけようと、コンサル会社転職

それから20年経ちます。なんで包括的スキルを身につけるのにコンサル会社を選んだのかはよく覚えていません。でも、「コンサル会社ってなんかかっこいいな」って気持ちが強かった記憶だけが鮮明に残っています。

雉遠

「なんかいいな♪」

これがなんちゃってコンサルのスタートでした。

「なんかいいな」でもやってみる価値はあるコンサルファームへの転職

結論から言っちゃいますが、コンサル会社から内定もらったら転職してみるのはアリだと思います。「なんかいいな」で内定もらうと、ちゃんとやっていけるか不安になるかもですが、私はそのノリで20年間続いているんです。

雉遠

やってみなければわからないんですよね。

そのチャンスがもらえたならやってみても無駄ではないと思います

その後、私の知り合いや私が面接を受けた時に不安を打ち明けてきた学生にも、とりあえずやってみたらと伝えて入社してきた人は何人もいます。すぐに転職してしまった人もいますが、ほとんどの人は、コンサル会社での仕事を経験してよかったと言っています。

シンジ

具体的にコンサル会社の良いところってどんなところですか?

雉遠

じゃあ具体的に、コンサル会社の良いところを私の経験からお伝えしましょう。

大きくは3つの良い点が挙げられます。

コンサルの良いところ:給与

事業会社よりも給料はよいです。同期の知り合いと比べても若いうちからかなりの高給取りになります。ただ、仕事の内容は事業会社よりも難易度は高いと思います。能力によっては、30代前半で1000万超えしている人もいます。

給与額だけで見ると、高いですが、仕事の難易度や責任に応じた報酬という意味では妥当かもしれません

シンジ

給与額だけ見ると高いけど、それだけ、仕事量や難易度、責任が強くてプレッシャーがあるんですよね。

エージェント

そうですね。一方で、多く貰っているように見えても、それをはるかに凌駕する、割に合わないような激務案件に出くわしてしまうこともあります。

コンサルの良いところ:仲間

コンサルファームの特長として、プロジェクトベースで体制づくりが行われる点があります。新規プロジェクトが立ち上がると、人が集まり、終わったら解散するサイクルの繰り返しです。

マネージャ陣は自分の持つプロジェクトが効率的に運営できるようにメンバーを固定して自分のチームを作ろうとします。だから基本は、プロジェクトが終わったら、メンバーをそのまま率いて次のプロジェクトに移る傾向があります。チームの雰囲気が良ければ、良い人間関係を構築しながら仕事を進める事が出来ます

シンジ

チームでうまくワークできずに、そのマネージャとの相性が悪い場合はしんどいですね。。

雉遠

そういうケースも多くありますね。その場合は、マネージャの一存で決めるのではなく、プロジェクトベースではなく、一人のコンサルタントをコーチングする担当が割り振られていて、その人に相談することで、別のマネージャの下で働く事を選択する事が出来ます。

会社から辞令が出て、半強制的に異動させられるというケースは少なく、人間関係や、自分のキャリアにあった案件を選択できるという自由度があります。

コンサルの良いところ:仕事スタイル

プロジェクトベースの仕事というのは話しましたが、やることやってれば仕事スタイルは基本的には自由です。クライアントとの打ち合わせなど、一定のイベントでは時間を拘束されることはありますが、意味もなく毎朝9時に出社しなければいけないといった就業ルールに縛られることはありません。

昨今ではリモートワークが主体となっているので、さらに自由度は高くなっていると思います。ただその作業自体の難易度が高い為、一定のハードワークとプレッシャーを感じながら日々過ごすという点は覚悟は必要だと思います。

シンジ

1週間で対応する作業を1日で終えて、4日分は仕事しなくてもよいってことですか?

雉遠

ダメではないですが、誰がやっても1週間かかる仕事を1日で終えたのか、1日でできるような作業を1週間後納期にしたのかによっては、納期を1週間後に定めたことに対する妥当性と品質は見られると思います。見積もりが悪いのか、パフォーマンスが良いのかそこを見られて評価に影響するケースもありますね。

コンサルファームで得られるスキル

「なんかいいな」程度の動機で万が一受かっちゃったら、転職すべきかに送るべきか。やっていけるか不安はありますよね。でも大抵はできない事が多いと思います。仕事やりながら身に付けることになります。会社側もそれを承知で内定を出しているので、「まずは、やってみよう」でいいと思います。

では、コンサルファームで働く事で身に付くスキルの代表格のご紹介です。短期間でもそれなりのスキルが身に付きます。

ロジカル思考

物事を論理的に考える癖が身につきます。なんとなく、コンサルってかっこいいかもって思いで転職したけど、具体的にどの辺がかっこいい?を言語化して話せるようになると思います。

人に何かを説明する時に、根拠をもって論理的に説得するストーリーを描いてプレゼンできる能力がジュニアながら身についていると思います。

資料作成能力

提案資料作成の手伝いをする頻度が増えるので、パワーポイントでの資料作成能力が身に付きます。すべてを一人で作るわけではなく、一部のパートを任されながら、資料作成の修行をする感じですが、完成系を見ると資料全体の構成なども学べると思います。

そもそもの入社研修でドキュメント作成のノウハウは虎の巻的にまとまった資料があるので、それを実務で活用する機会は増えてくるので、良い経験になると思います。

ただ、なんちゃってコンサルの私は資料作成はそれほど重要ではないと思っているので、作れるのはよいけど仕事でどれだけ生かせるのかは、時と場合による能力ではないかなと思います。

プレゼンテーション能力

こちらも、全てのプレゼンを任されることはないですし、若手は資料作成だけでクライアント先でのプレゼン機会は少ないと思いますが、話の組み立て方など先輩コンサルから身近で学ぶ経験は役に立つと思います。

先輩コンサルにも色々いて、資料を読み上げるだけの人、資料は配布するけどまったく使わない人、資料を踏まえて自分の言葉で語る人、などなど。色々なスタイルを学んで自分の完成に近いスタイルを見つけられると思います。そして、資料の作成能力の向上に比例する形でプレゼンを任される機会も増えます

人前で話す、自分の意見を述べるのが苦手な人って多くて、資料作るけど喋りはお願い。って人もいます。私もその一人でしたが、やればやるだけ耐性がついてきます。プレゼンは、どんな業界でも昇進するほど避けて通れなくなるので、早くからチャレンジさせてくれるコンサル会社での経験はその後のキャリアに生きると思います。

コンサルファームへ転職を考えているあなたへ

最近では、コンサルティングの仕事が最近は人気です。会社としても多くの人材を確保し始めているので、内定もらいやすいのか?って思っちゃいますが、それなりの準備は必要です。

私が面接官やっていても、1次面接を通すのは1割未満です。それでも、多くの人にはチャレンジして欲しいなと思います。

ここでは、「私なんかコンサルタントにはなれない」って思っている人に、面接感視点でのコンサル会社に応募する際の心構えをお伝えします。

合否に使われる材料は、事業会社同様にエントリーシートと面接結果だけです。試験のようなものはありません。それぞれに対して事前の対策は可能です。

エントリーシート作成のポイント

最初の書類選考はエントリーシートを見ての評価となります。評価者はエントリー者の年齢や経験を踏まえて判断します。大学卒業後まもない社会人と、数年以上のキャリアのある社会人で評価ポイントは異なります。

新卒間もない若者のエントリーシート

若者のエントリーシートの評価は、出身大学を見る傾向にあります。いわゆる学歴フィルタはないと言われています。でも、難関大学に合格するための勉強の努力が評価されます。それ以外には在学中にどのような体験を行なったのか、社会人のキャリアを決定するような経験をしているのかなど、大学生時代での活動内容が評価の対象になります。

社会人のエントリーシート

一方で社会人経験が一定数ある人は、その会社での経験が重要になるため、出身大学は評価比重としては下がります。年相応の前職での経験、貢献内容そして、転職を希望するに至った経緯などがしっかりとストーリが書けている事。そして、志望動機につながっていることが大切です。

エントリーシートのレビューはエージェントに依頼

作成ポイントを踏まえて作成したものの、その出来栄えを自己評価だけで終わらすのは不安が残ります。転職エージェントは多くの転職希望者を送り出した経験があり、エントリーシートの書き方のポイントを押さえています。

エントリーする前にはエージェントにレビューしてもらい、そのエントリー先の企業にあった記載になっているか確認してもらうのが書類選考を通過する重要なポイントです。

面接対策

面接官が確認すべきことはある程度事前に定められています。それを聞き出すために、面接官によっては、即興でのプレゼンテーションをさせる人もがいます。

主な質問内容は次の4点です。

  • 自己紹介とこれまでのキャリア・習得スキルについてエントリーシートの内容を踏まえて確認
  • 志望動機。なぜ転職を志望しているのか、なぜうちの会社に来たいのか、転職したらどんな形で貢献できるのか
  • 学生時代・前職でのタフな経験や困難な状況に陥った経験とそれをどのように乗り越えたか
  • 希望年収・入社可能時期

質問に仕方は面接官によってさまざまです。簡単な課題を出してその回答から判断する面接官や、ダイレクトに質問する人もいますが、大きくは上記の4点を聞き出すように面接を行います。

具体的な対策はエージェントを活用

いずれの対策もあなた一人で行うのではなく、信頼できるエージェントに、エントリーシートの書き方の相談や、面接対策などの準備をして挑んでみるとよい経験になると思います。

とりあえず受けてみた結果、面接官との話からコンサルに強い興味を持つようになった人も一定数います。

ただの採用面接の場として考えるのではなく、自分の可能性の扉を開けるきっかけになるかもしれないので、とりあえず応募してみることをおススメします。

無理なら3年でやめればよい

コンサル会社は多くのプロジェクトが小さな会社のように動いているので、色々な体験が出来ます。多くのメンバーとのコミュニティもできるので世界は広がります

3年頑張ってそれでも向かないなって思ったらコンサル辞めて転職を考えればよいと思います。コンサルで3年頑張ったら、上記で紹介したようなスキルは身に付くので、次の転職で事業会社に戻ろうと思えば、それなりに引き合いは来ると思います。

実は面接官側も「なんか良さげ」で選んでいる

コンサルってなんかよさそうだな。って軽い気持ちでエントリーして失礼ではないかという気持ちもあるかもしれませんが、面接官側の立場としても、基本的には同じ気持ちだったりします。

コンサルとしてやっていけるかどうかなど色々と質問をして確認することもありますが、最終的にはこの人と一緒に仕事したら楽しそうだなとか、「なんかよさそうだな。」って気持ちで最終的に決めてしまう面接官も結構います。

エージェント

コンサルって人と人とのつながりが重要な仕事なので、人間性を見て一緒に仕事してもいいなって思ってもらえるのが一番のアピールですよね

それに、自分が思っていなくても、実はコンサルに向いているかもってケースはそれなりに合って面接官が見抜いてくれることもあります。

なので、そんなに身構えることなく、長い人生の一部の良い経験だと思って転職先にコンサルファームを考えてみるのは、良いのではないかなって思います。

信頼できるエージェントを見つけることは重要ですが、こちらの記事で面接への心得や職務経歴書に書くべきことを傷害していますので、ご覧ください。

関連記事

・コンサル会社から内定をもらうための準備(近日公開予定)
なぜ悩む??日々転職を視野に入れるコンサルタントたちの日常

-転職・副業・フリーランス
-,